イギリス留学中の大学4年間、冬は一度も日本に帰りませんでした。冬は旅行したり、人の家に行ったり。

そこで、クリスマスに行ってよかった国ランキングを選んでみました! 

ちなみにこれは、2018年12月25日の20:30の横須賀線の中で書いております。こんなクリスマスは二度とないようにしたい。

さて、クリスマスシーズンに訪れた国は以下6カ国。

🇩🇪 ドイツ (ニュルンベルク、ブレーメン)
🇫🇷フランス (パリ) 
🇮🇹 イタリア (ベネチア) 
🇨🇿 チェコ (プラハ) 
🇦🇹 オーストリア (ウィーン) 

そして

🇬🇧 イギリス (ロンドン、エセックス) 

この中からヨーロッパのクリスマスベスト3を選んでみまーす!

3位: イギリス (ロンドン) 

第2の母国となりますが、ロンドンはいいですよ。

いちばんの見どころは Regent Street。毎年イルミネーションが変わります。ある年はカメラを持ってロンドンへ出かけました。

Regent St.の Liberty (デパート) でお買い物したのが良い思い出です。

一点注意すべきは、24日とかに現地に到着しないこと

バスが走っておらず目的地にたどり着けない、お店が開いておらずショッピングどころではない、レストランが開いておらず食事どころではない、が当たり前のように発生します。

場所によってはマックですらあいていません。というか場所によってはマックは開いているのかしら?

Canaby Street もいい感じ。

Soho エリア、是非カメラを持って。

2位: フランス (パリ) 

パリでは、シャンゼリゼ通りにイルミネーションやクリスマスマーケットが広がっています。

わくわくしないわけがありません。

にやにやするサンタさん。↓

サンタさんの人形を持たされむすっとしたサンタさん。と、エッフェル塔。

ほんもののエッフェル塔。

まあこの美しさは別にクリスマスじゃなくても見れます。

パリはリア充度で2位ですが、パリに行くなら春のほうがおすすめ。

さて、キラキラすぎるクリスマスを見飽きたところに1位の発表です。

1位: ドイツ!(ニュルンベルク) 

キラキラです。

でも、なんだかあったかい。

(気温はくっそ寒い。)

世界三大クリスマスマーケットのひとつ、訪問数も一位と言われるニュルンベルクのクリスマスマーケット

に、4年間の1番はじめに行っちゃったもので、思い出フィルターも知名度バイアスもかけまくってますがここがいちばんです。

19歳のときに行きましたが、子どものときと同じくらいの胸の高鳴りを与えてくれたニュルンベルク。

フランスやオーストリアのクリスマスマーケットももちろん素敵なのですが、ドイツの後に行ってしまうとやはり二番手感が拭えない。(実際大して変わらなかったとしても。)

クリスマスマーケットはドイツに行きましょう!ドイツに!

番外編!

訪れたとき1月を過ぎていた国がここ、

 🇳🇴ノルウェー 。

ロンドン ✈︎ オスロ ✈︎ トロムソ というコースで地球のかなり上の方まで行きました。

オスロは数時間の滞在で、目的はもちろん😱

ロンドン ✈︎ オスロ と同じ距離をさらに北上し、北極圏トロムソへ。

目的はもちろん✨🌟🌎❄️🎆🌠

😱

贅沢な冬... 

3日間毎晩オーロラが見えたので、行きづらいですがトロムソおすすめです。中途半端に北行くならかなり北まで行ったほうがいいです。

合成写真みたい... 

で、牛乳まで北国。かわいい。

(おまけ。ドイツ・ブレーメンのクリスマスマーケット。)

来年の旅先の参考に、または目の保養に、または世のリア充へのやりどころのない怒りの矛先になれば幸いです🎄

(2018.12.25 / 23:55)