コーヒーを飲むパターン、カフェに行くパターンは2種類あります。

ひとつは仕事のお供として、集中・気合・息抜きを求めて飲む機能的コーヒー。そしてもうひとつは「コーヒーを飲むため」「カフェに行くため」の趣味的コーヒーです。

2018年は4月から社会人になり前者の缶コーヒーやチェーン店コーヒーを飲むことも増えたのですが、特筆すべきは後者の趣味的コーヒーのほうなので、ちょっとまとめてみます。

(イギリス・ブライトンにて)

カフェ専用インスタ開設に至るまでの長いまえがき、あるいはフラットホワイトについて

今回は、右側のエスプレッソ系ドリンクの話をします(画像出典)。なんのこっちゃという方は、カフェラテにはミルクが入っているということだけ覚えておいてください。

イギリスで大学生をしていてアルバイトは3種類経験したのですが、いちばんハマったのがカフェでのコーヒー作りでした。ハマった理由は恐らく、英語に自信がなくても、自分の作るラテには自信が持てたこと。

2年ほどバリスタをしていて、飲むほうでは「フラットホワイト」が好きになりました。

フラットホワイトはラテと比べてミルクが少ないのでコーヒーが濃く、またフォームドミルク(もたっとした泡)が少なくさらっとした(=flat)オーストラリア発祥のエスプレッソドリンクです。

(たしか右がFlat white。Latteよりカップが小さくコーヒーが濃い)

忘れもしない2017年11月16日、東京国際フォーラムのCafe Lexcel(ドトール系のチェーン)でカプチーノを頼み、「フォーム(泡)を少なめにしてください」と言ってみたところ、「フラットホワイトみたいなイメージでいいですか?」と店員さんに聞かれたのです。

初めて日本でフラットホワイトが通じた喜びに、「飲みたかったのはこれだ・・・!」とカブレをこじらせ、以来「美味しいラテ」「美味しいコーヒー」「居心地の良いカフェ」を求めて彷徨うようになりました。(後日 Cafe Lexcel 鎌倉店に行ったらフラットホワイトは通じませんでした。)

その記録をとりコレクションするために2018年1月からはじめたのが、instagramの個人アカウントとは別で開いたカフェログアカウント(@yukiikuyuk_flatwhite)です。

@yukiikuyuk_flatwhite

2018年12月24日現在85投稿ですが、仕事前やランチ後に立ち寄るチェーン店でのものはほとんど投稿していないので、1年で100回以上カフェに行っていると言って差し支えないでしょう。また、休日は家でも豆から挽いて飲んでいます。

(うちの木琴の上に載せてみた)

2018年2月にはカフェにひと月で9,240円も捧げ、年間でも56,107円を費やしたことになっています。たぶん本当はもっと使ってます。

そこで、せっかくなので【2018年カフェ大賞】【ラテ大賞】をお届けすることにしました。【作業がはかどるで賞・景観が良いで賞・チェーン店編・旅先編(2泊で3回行った軽井沢のカフェ)】もピックアップしています。

また、独断と偏見で目的別「美味しいコーヒー」「デート」「作業」に★をつけてみました。2018年の私の行動範囲が主に東京、神奈川、埼玉だったので地域は限られますが、新しい行き先の参考にしてみてください。

では、おすすめカフェ1位からどうぞ!

【2018年カフェ大賞】

Streamer Coffee Company(渋谷)

渋谷駅徒歩8分の落ち着いたエリアにあるSTREAMER COFFEE COMPANY。2010年4月にオープンしたシアトル系のコーヒー店です。

ここはとにかくラテが美味しい。エスプレッソがガツンときます。ミルクも甘さがいちばん感じられる60℃で出しているそうで、納得のコク。(こだわっていないところだとたまに熱すぎるラテが出てきます... めんどくさい客ですね...。)

甘いアレンジラテもあれば、苦いコーヒーが好きな方には150円でエスプレッソショットを追加できるメニューもあり、様々なラテが楽しめます。

STREAMER COFFEE COMPANYは実はただものではなく、2008年にアジア人初のラテアートチャンピオンに輝いた澤田洋史氏のプロデュース。

ただ、個人的にはラテアートよりもあくまでに感激したカフェです。

今年は3回行きましたが、行くたびにメニューも違います。

抹茶入りのミリタリーラテとか、

キャラメルショット等を入れたアイスラテとか。

普段、缶コーヒーとかチェーンのレギュラーコーヒーとか飲んでるおっさん方にもぜひ休日に試していただきたいコーヒー店です。開眼的です。

なんなら就職したいです。

LOCATION:渋谷・原宿・五本木・日本橋・中目黒・世田谷・秋葉原・東北沢・湘南・札幌・名古屋・神戸・心斎橋(>>詳しい住所はこちらから)

【ラテ大賞】単品でオススメしたいラテ3選

Saza Coffee 「徳川将軍珈琲」(品川駅)

茨城発祥のカフェより、徳川将軍珈琲。名前からそそるこのコーヒー。

ラテを頼むと「ミルク多めのラテか、苦目のラテか」と聞かれるのですが、苦目の方がこの徳川将軍ラテです。優柔不断なわたしが、その日の気分に合わせて「これ」って確信を持ってカウンターの前に立てるのってコーヒーくらいな気がするんですが、ラテに選択肢があるのは想定外で、8秒迷う。結局ネーミングで選んでしまいましたよね。

ちなみにサザコーヒーはかなり勉強熱心。2017年のジャパンバリスタチャンピオンシップでは、決勝進出した6人のうち3人がサザコーヒーのバリスタだったらしいです。大宮駅店に準優勝者の本間啓介バリスタがきていて、話しかけちゃったことがあります。

(画像をクリックするとインスタにとびます)

Location:大宮駅、品川駅、東急二子玉川、茨城県ひたちなか市、大洗町、大洗市、つくば市に数店舗ずつ(>>詳細はこちらから)

② MELLOW BROWN COFFEE(さいたま新都心)「フラットホワイト」

「フラットホワイト」がメニューにあるお店は多くない。MELLOW BROWN COFFEEは、実は「ブラック無糖」のUCCがサードウェーブに乗っかって、スペシャルティコーヒーやエスプレッソ系ドリンクを出しているお店。

おしゃれなだけではなく、コーヒーの産地や焙煎方法が選べる本格派です。

ミルクとエスプレッソのバランスが良く、大手チェーンでは飲めないお味。そしてラザニアもとても美味でした💯

Location自由が丘さいたま新都心イオンモール京都桂川イオンモール岡山広島空港(謎の配置)

③ KALDI COFFEE FARM カフェデリツィア(さいたま新都心)「黒糖ミルク珈琲」「アイスコーヒー」

カルディミルク珈琲、黒糖ミルク珈琲はとてもやさしい甘さ。疲れたときに飲みたいです。そしてしっかり豆の味がするアイスコーヒーも美味しい。

タイに4店舗あるのが謎なので、もっと日本に出店してほしい。

Location新橋(テイクアウトのみ)溜池山王練馬さいたま新都心ららぽーと柏の葉阪急西宮ガーデンズタイ

以上、行ってほしいカフェ1店と飲んでほしいラテ3つでした!

作業がはかどるで賞

Book Labo Tokyo(渋谷)

お待たせしました、作業編。有名どこですみません。3時間でぶわーっと記事を書き上げたことがあるため選ばれました。本を5冊大人買いしたこともあります(同じ日)。

入り口は全然パッとしないビルなのですが、その2階にはゆったり明るい異空間が広がっています。渋谷のカフェなのに、一人あたり面積が広い。平日でもたくさん人がいたので、もしかしたら土日は混んでるのかな。

コーヒーへのこだわりはまだあまり測り知れておりません。

Location渋谷

【景観が良いで賞】

RIGOLETTO WINE AND BAR(リゴレット ワインアンドバー)(丸の内)

都会でリフレッシュするならここ。東京駅新丸ビル7階にある、カジュアルイタリアンです。外のテラスに出ると、写真の通り東京駅が目の前に。

待ち合わせ前などにふらっと来たり、ここで語ったり。夜来ても美味しいお店です。

Location東京駅(丸の内)

【チェーン店編】

チェーンでオススメはどこ?と聞かれたことがあったのでサクッと載せます。

①コスパ重視ならベローチェ

(比較:ファミマ、ドトール、サンマルクカフェ)

最近キテるらしい。完全分煙、フード強化、ふちねこキャンペーン、スペース拡充、交通の利便性、会計のスムーズさなどで顧客ロイヤルティがかなり上がっているそう。

個人的にはホットラテよりアイスラテの方が美味しいと思います。

②エクセルシオールのラテはMよりS

エスプレッソは一杯の量が決まっているので、Sのほうが濃いコーヒーを楽しめる、というか、バランスが良いのです。

③フラットホワイトならTully's

エスプレッソ3ショット。

④人にものを贈るならハズさないスタバ

スタバのドリップコーヒーやお菓子を贈ることも、ギフトカードもらうこともあります。

【旅先編】軽井沢で3日間通ったカフェ

ナチュラルカフェ イーナ(軽井沢)

今年いちばん良かった出会いのひとつ、カフェイーナとそのマスター夫婦。

40歳前後くらいの日本人男性とブラジル人女性の夫婦が営んでいる。スタッフもみんなフレンドリーで、地元民も旅行客も常連になってしまうような、人の集まるカフェ。

2泊旅行だったのに、ここに3回きた。

新入社員、はじめての3ヶ月でヘトヘトだった。でも、疲れを全部ここでとった。

1日目

2日目

外の席に座ってみました。明るく開放的で、空気が澄んでいる。植物に囲まれた入り口、裏口。

3日目

軽井沢に行くことがあったらぜひ行ってみてください。軽井沢駅から北にまっすぐ。ほんとにそれで着くと思う。

おわりに

長々とありがとうございました。2019年は、お金の使い方も考えながら、また素敵なカフェを探していきたいと思います。まだ行っていないところはたくさんあります。みなさんもオススメ教えてください。