わたしが毎年留学セミナーで紹介している、効率的な大学の選び方を一つだけ紹介しておきます。

シンプルに2ステップ。

でも最初に言っておくと、ラクではありません。

 

そして大事なことですが、今回紹介するやり方は、留学先でやりたい学問がなんとなく決まっている人向けです。


IMGP7326


Step 1: 世界大学ランキングで絞り込む


どうせ留学するなら、世界でも認められているような大学で学びたくありませんか?

とはいえ、全員にオックスフォードやハーバードに行けと言っているわけではありません。


リンク先のQS世界大学ランキングでは、科目別の ランキングが調べられます。

自分の興味のある科目に絞って調べてみてください。

ランキングは教科ごとに全く異なってくるはずです。



44



今画像の編集ができないので言葉で説明しますが、

青い枠内のQS World University Rankings by Subject の文字の下の白いボックスから、"Select a Subject" してください。

ヨーロッパ留学したい!アメリカに留学したい!など希望がある程度ある場合は、地域も絞れます。


Step 2: 上からしらみつぶしにコース内容を調べる

image


このステップが 大事。

一番上に書いてある大学に行けばなんとかなるものではありません。 


例えばわたしの場合開発学の学部(International Development / Developmental Studies)で調べます。

各大学のリンクにどんどん飛び、コースの紹介を見てみます。


開発学部をランキングの上の大学から見てみると、院(Masters / Post-graduate)にしか開発学部を置いていない大学も入ってくるのです。

しらみつぶしに見ていくと、開発学ランキング上位10校のうち、学部レベル(Undergraduate)に開発学を置いているのは2校しかないことがわかりました。


また、わたしはさらに開発環境学に興味があったので、学部のコース(Course Profile)や授業内容(module)も詳しく見てみると、先ほどの上位2校には開発経済学や開発社会学など、ソーシャル系のコースしか置いていないようでした。


そこで、開発学の世界ランクでは12位の、英国イーストアングリア大学(University of East Anglia)が最適なのでは?ということになります。


実際にわたしが高3のときに選んだのはその大学で、先月無事卒業しました。

コース名は、開発学部環境学科(BSc International Development and the Environment)で、理系の学位でした。

あとは、調べまくる。


IMG_0096


中にはある程度、所属大学の提携先や地域などで絞られる方もいると思いますが、世界中の大学から自分にあった一つを見つけるのは本当に困難です。


わたしは高校生のときにこのランキングの存在を知っていたわけではありません。

ネットの情報などをもとに開発学で有名なサセックス大学(英)とイーストアングリア大学(英)を見つけ出し、コース内容を比較して最終的にイーストアングリア大学を選択しました。


のちに、多くの人に留学について質問を受ける中でこの方法を見つけ出しました。

高校生のときのわたしの選択も正しかったことを証明してくれましたし、このやり方が一番効率も良く満足度も高いのではないかと思っています。


しかしもちろん、学費や地域、大学の規模など考慮したいことはたくさんあるかもしれません。

【シンプルな方法】とは言いましたがここからは自分で調べまくってください。

英語のサイトに拒否反応を起こしていては留学もできません。


最後に他メディアのリンクになりますが、開発学に興味のある方、私がどんな勉強をしていたのか気になる方はこちらの記事もぜひ参考にしてください。


>> 開発学ガイド:貧困・格差・国際協力を大学で学ぶ
 

留学相談、留学生の就活相談はLINE@ から承っています。


がんばれ〜!