人と違うことをするのは好きです。 


小2のとき親に、「ピアノとマリンバ(木琴)どっちやりたい?」と聞かれた時も、「
ピアノはみんなやってるからやだ」と言ってマリンバを始め、14年続いています。

mallets
 
 

日本の大学はみんな行ってるからやだ

ってわけではなかったんですが、みんなが大学受験するから受験するっていう道からは外れました。

まぁ正直、というかもちろん、かっこいい~って思われるかなー?

とも少なからず思っていましたね~
 

自分っぽいものができていくので、好きです。

女子サッカーとか一輪車とかも。


だけど、人種的マイノリティになった途端、自信なくなりました

最初、イギリス英語がわからなすぎて、

コースメイトとすれ違って挨拶されないと、「アジア人だからかな~~~(ずーん)」ってなったり、「やっぱり白人と喋るの緊張する~~~(しどろもどろ」ってなったり。


でも別にそういうのって、たいていの場合「アジア人だから」とかではなくて、わたしが自信なさそうだからとか過去にわたしが(目合わせるのこわいから)スルーしてたとかだと思うんです。

こいつ暗っ みたいな 。

それに、挨拶がなかったのって、わたしがしなかったから相手もしてくれなかったってだけで、自信ないとか言っていないで無料のスマイル振りまいていればよかったんです。


緊張するんですけどね…

イケイケの女の子とか特に… 


イケイケめの女子高生だったわたしがこんなことを思うようになるなんて。


さいきんは、挨拶もできるし、会釈もできるし、無視されても傷つかなくなりましたが。



小学生のとき
少年チームでサッカーしてたときも、男の子の中で自信なくて、今じゃ考えられないほど静かな女の子でした。

あのときも、高校の運動部のマネさんみたいに女子の特権を使ってワイワイきゃぴきゃぴやってればよかったのにな~。
 

マイノリティって楽しいけど、こっちが引け目になっちゃうとつらくなりますよね。


男の子のなかで、女の子であることに引け目をもっちゃうこととか。

アジア人の外見であることで自信がなくなっちゃったりとか、やっぱり言語がわからないときがあるというのか。


バイト先でひとりあんまり好きじゃないチームリーダーがいて、たぶんお互いにあんまり好き合ってないんですが。

「こいつたまに何言ってるかわからん」とか「いちいち2回言わせるんなよ」ってわたしが思わせてるっていうだけで、
好き合ってないが、こっちが嫌われてるみたいな構図になっちゃうですよね。というか向こうは絶対そう思ってる。


だけど、基本的には、人と違うっていうのは楽しいんじゃないかなって思います。

大手蹴ってベンチャー行くのは、勇気がいるけどね!!涙



「人と違う」っていう話に、マイノリティとか軽々しく使いましたが。 

社会的に偏見があるのはやっぱりつらいことが多いと思うので、LGBTのカミングアウトが流行ってる今、いろんなことがオープンに、受け入れられていったらいいな~。



>> ベンチャーにいきます

>>【イギリスで女子サッカー 6】3-4人に1人って、LGBT身近すぎた。