皮肉っぽい
というのは、典型的なイギリス人のジョークです。





そんなイギリス人の皮肉が大好きなユキです。

10行プロフィール+α



愛国心が強いとか、

ティー・コーヒーブレイクが大好き
だとか、

メンタル弱い
とか色々あるけれど、 

このちょっと賢そうなネガティブさがお気に入りの英国ステレオタイプ。


そんな彼らを観察して、皮肉な物言いを分類してみました。


ちなみにこの傾向は老若男女を問いません。 



① 数を大げさにいう


◼︎キャンパスで久しぶりに会ったイギリス人

何年も会ってなかったね!!!



◼︎Racistの日本語が「人種差別主義者」だと知ったときのイギリス人

「もっと短い単語が要るんじゃない?言い終わるのに半年かかるよ。」



◼︎サッカーのミニゲームで守備の選手ばかり集まってしまい、試合中に誰がフォワードか分からなくなったときのイギリス人

ディフェンスは500人もいるのにね




Forever とか ages とかよく会話に出てきます。

「あの教授、返信永遠に来ないんだよね」みたいな。



会話で出てきたらクスッてなります。


② 逆のことを言う


◼︎ボールをぶつけられたイギリス人

ありがとう、シャーロット」



◼︎救急車のピーポーピーポーが気になったイギリス人

静かな夜だね



◼︎物を落として謝ると

そうそう!そうやって破壊するんだよね!


③ 自虐


◼︎イギリスにはゴキブリがいないことを指摘されたイギリス人

ゴキブリもイギリスが嫌いなんだよ



◼︎ヨーロッパ人の国籍を見分けられるか、という日本のテレビ番組を観たイギリス人

「イギリス人は簡単だよ、1番みじめそうだもん」



◼︎お腹のぽっこりを突っ込まれたイギリス人

「だって走ろうとしたら雨じゃない?オーストラリアに住んでたら毎日走るよ」


IMG_1332



カワイイですね、まったく。

なんかもっと発見したら第2弾やります。