昨日はクリスマス休暇後、初の練習でした。

「しばらく運動してないんだから体をあっためるぞ~」ということで、だいぶ走らされました。



が、日本の体育会系(イメージ)とは厳しさが違うので、がっつり走る人とおだんご頭でゆるゆる走る人といます。


ストレッチのときから、

コーチ「お腹もしっかり伸ばせよ、クリスマスのあいだ使ってなかった筋肉だろ~」

「お腹の筋肉使ってたよ、食べることに」


とかいうやりとりも聞こえました。


Foodball 2017

わたしは右端に小さくいます笑



女子サッカー部には、外部から男性のコーチが来ています。

Physical Education(体育の先生になるコース?)からも男の子がアシスタントに1人。

火曜日と金曜日に2時間ずつ練習しています。

とてもちょうどいい!



イギリスの大学のおもしろいところは、(おそらく)各地の大学でスポーツ・デーとして水曜日の午後は授業がなく、運動部が遠征に行って試合をしています。 

わたしはスタメンではないので行ったことはありませんが。


今年サッカーを10年ぶりに再開しただけなので、1回くらい行けたらいいな~と思っています。

でも、他のヨーロッパやアメリカの大学からセメスター留学で来ていた選手たちが4人もいなくなってしまったので、チャンスが回ってくるかも?

がんばります。



自然にチームに入れるようになり、必ずしゃべる友達も何人もいて、コーチにも名前を忘れられてなくて(笑)、まだまだ怖い人もいるけど、練習に来続けてよかったな~と思いました。

冬にかけて、人が減っていくみたいなので。(最初のころ35人くらい、昨日22人)



毎回「えいっ」というちょっとのエネルギーを使って練習に行って、文字通りエネルギーを消費して、人と話して、最後には毎回「来てよかった」って思えます。

なのにどうしてまだ15%くらい「行かないでいっか」みたいな気持ちが自分にあるのかわからないんですが、自分が今まで所属した中でいちばんイギリス人だらけのコミュニティだから、まだ多少エネルギーが要るんだと思います。

このセメスターの間に、「今日練習行こう」のエネルギーがいらなくなって、自然に毎回練習に行けるといいな。


久しぶりにたくさん走ったので、今日は心地よい筋肉痛!




女子サッカーシリーズ。