弟(20)は私(22)より先にブログ始めてた。




(Webメディアの学生ライターは私が先。と言っておく)



勉強していることも違うし、

使う語彙も違うし、

わたしは浅く広く色々なことをやってきたけれど

彼はひとつのことに全て生活をかけてやっているように見え

(普通ヨガ始めたばっかの人が修行しに1ヶ月インド行かない)

付き合った回数もわたしが彼の3〜4倍くらい笑


同じ家庭に育ってどうしてこうなるんだろうな、

と、我らながら面白いなと思います。


(この話はまた書きたい、備忘録)




絶対本は私の方が読んでたのに、

結局こうなるのは、絶対父の遺伝。笑

誰も物書きってわけではないけど。



だいぶタイプの違う姉弟だけど

勝手にブログの動機でも分析する。


考えることが溢れ出した時にまとめたい。

ついでに、大学に入ってみたら、

考えに共有したり反応したりしてくれる人が

世の中にいることが分かったから、伝えてみたい。

そんなところ、な気がします。


全然違うかもしれないけど、これが姉の限界。



似ていることと言えば

こうして思考を文字に起こしたり

悩んだ時に自分のこと分析したり

やりたいことやらせてもらってたり。



そしてわたしはイギリス来ちゃって、

弟が高校卒業して、会ってみたら

全然違う人になっていた。



そして今たまに彼の文章読んだり

たまーーに電話したりしながら思う。



弟だったのになんだか対等な人間になったじゃないか、

全然違う人だから友達のような仲になったような、

でもわたしは弟の周りにいる人より

(一緒に住んでた時期も含めて)弟のこと知らないわ



ってことですね。

歳とるってことなのかな?

離れてるってことなのかな?

とも言えるけど、

細胞から変わってっているような

中身が溶け出しているようなこの関係の変化は

きっとわたしたちだからなんだろうな〜



ブログのきっかけも趣旨もわたしは全然違うけど、

とにかく、続けるって素晴らしい。

と、読んだら書きたくなりましたとさ。



ずーっと文にはしてみたいと思ってたさ。

まだ3割くらい書いてないことがあるな〜。



例によって、弟の文読んだあとなので

優しめな文体でしたとさ。



いつ、このブログ教えようかな〜



あ、偶然だけど、今頃成人式に出ているのでは。

おめでとう!!!



(夏の北海道、山の青さと田の緑よ。)



哲学、ヨガ、わたしの弟、気になる人は、ぜひ